忍者ブログ
政治が正しく行われているのかをチェックします。
AdminRes
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 麻生内閣発足時の支持率は福田内閣以下-。こんな衝撃的な実態が、主要マスコミ各社が行った世論調査で浮き彫りになった。ほとんどの調査結果が、昨年9月の福田内閣発足時を下回る40%台の低水準の支持率となったのだ。このため党内では「微妙な数字だ。早期の総選挙は既定路線だが、すぐに選挙戦はどうか」(ベテラン議員)という声も出ており、低い内閣支持率が総選挙の日程にも影響を与えそうだ。

 主要マスコミ各社の世論調査では麻生内閣支持率が48%(朝日新聞)、45%(毎日新聞)、49.5%(読売新聞)、48.6%(共同通信)で軒並み40%台と低水準だった。支持率が過半数に達したのは53%の日経新聞だけで、政権投げ出しの福田政権発足時よりも6-12ポイントも低くなった。


 その一方で政党支持率や投票行動などについては、自民党が民主党を上回るなど変化も出た。


 政党支持率では、読売で自民が37.4%と、民主の22.8%に15ポイントの大差をつけた。さらに毎日では自民41%、民主37%で、昨年8月の調査から13回目の質問で初めて自民党が上回った。


 次期衆院選比例代表での投票行動調査でも、朝日が自民36%(前回28%)、民主32%(前回32%)と逆転。「(総選挙で)どちらに勝って欲しいか」という毎日調査では、自民41%(前回31%)、民主37%(前回46%)と自民が大きく数字を伸ばした。


 さらに、麻生首相と民主党の小沢一郎代表の「どちらが首相にふさわしいか」との質問では、共同調査で麻生氏が53.9%と、小沢氏の29.4%をリード。主要各紙も同様の大差で、党首としての魅力は麻生氏に軍配があがっているようだ。


 こうした世論調査について、河村建夫官房長官は25日の記者会見で、「(支持率は)上がってくるのではないかと期待しているが、麻生を選ぶのか、小沢を選ぶのかという戦略を立てているので、その方向で進むべきだろうと思っている」と述べた。


 麻生内閣は、政権放り出しの福田内閣の支持率を超えることができるのか。



PR

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
フリーエリア

アクセス解析